FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三の門俯瞰

三の門中俯瞰

現在見る三の門は寄せ棟造り瓦葺きだが1615年仙石秀久の子秀政によって築かれた三の門は瓦葺きではなく、入母屋造りのこけら葺きであった。1742年寛保の大洪水で本町、大手門を下った濁流に流され後、江戸の明和のとき再建された。現在の瓦葺きになったのは明治初め頃とされている。
と言うことは1600年関ヶ原に向かう徳川秀忠の時は三の門の存在はなかったはずである。三の門に向かう坂の上(絵の右端)に秀忠公着座の石があるが、その後ろに三の門は無かった・・・
立派な門は無かったにしても造りとして石垣はあったかもしれません。
それにしても小諸城は全国に例をみない穴城です。本町口より入り大手門をくぐり三の丸を迂回して、桜の馬場をくだり屈曲して坂をくだりようやく三の門に至。堀といっても全て空堀。水はありませんが自然のもつ起伏を巧くとりいれています。
今回は三の門上空より俯瞰してみました。
次は二の門に向かいます。
                                           シマ

スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。