FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小諸城本丸全体

honmaru-zentai 久しぶりに画像をアップします。
ようやく現懐古園の本丸の検証が終わり私なりに、1600年代の仙石秀久の小諸城本丸を鳥瞰図にしてみた。
いくつか残っている絵図を参考にしてみましたが、残念な事にどれも曖昧で本当の寸法が分からず頭の中が混乱、特に本丸御殿の大きさが分からず、5万石の大名にしてはちと狭い。のちに現弓道場が隠居場所になったのもうなずける。
 それにしても400年の歳月で火山灰台地で崖など変形しているにも関わらず、石垣その他が今に現存している凄さもある。そんな訳で四苦八苦、現在の地図と重ね合わせおかしな所は修正。なるべく当時の位置寸法にそうようにしてみた。
 絵は北西の方向(小山敬三美術館)より鳥瞰。左が二ノ丸より算盤橋を渡り黒門(一の御門)本丸。右にくの字におれると現紅葉谷で明の地、中門をくぐると右は天神社、荒神社が祀られている。大楠はこの一角か。石垣をくの字に折れると天守台の下に出る。広い馬場は今と違い土塀に囲まれ複雑な形をしている。敵が安易に石垣に近づかせせない防御の意味もあったのか。
 真っ直ぐ進むと水の手ここは眼下千曲川対岸を一望出来る見張り台。
 水の手の途中のちょっと小高い所に東屋があり、ここから殿様が城をながめたであろう絶好の場所である。
当時天守閣は一般庶民は市町方面か千曲川の対岸高台ぐらいからしか見えなかったはずである。
 四面空堀といってもとてもとても登れる崖ではない。自然の地形をうまく利用していて四隅を石垣で囲った本丸はさぞかし優美で端正そのもので有ったろう。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。