FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小諸城 大手門周辺

小諸城大手門図

 近年大手門が修復され三の門同様重文に指定され小諸城は現在の懐古園だけでなく広大な三の丸の存在が明らかになってきた。
 左下北国街道本町より(北国街道は突き当たり鍋蓋郭を迂回させられ右に折れる)左におれ大手木戸口を入る。真っ直ぐは今の旧国道。すぐに番屋があり右に急坂を降りると大手門の前に出る。向かい側は小諸城の支城鍋蓋郭の虎口が構える。大手木戸口の下を通り鍋蓋郭の中に川を通していたようである。その右手に禰津郭、馬場などで道を狭くしている。
 大手門は櫓台を右に構えた門で入母屋二層の築城当時は珍しかった瓦葺き門で瓦門と称されていたそうである。
大手門を入ると左の石垣の上は玄関を守る増兵の宿舎などがある。右手は低い石垣の上に盛り土がしてあり、三の丸である。広大な敷地であるが建物らしいものは見当たらない。
防御の為先へ行くにしたがって道はせばめられていてまた少し広くなり突き当たって右に折れる。突き当たりは鹿島神宮の杜。右に折れると直線のさかを下る。低い石垣に塀を巡らした馬屋がつづく。桜の馬場と言われたところをみると、目隠しなのか桜が多く植えられてた模様。
 三の丸は不思議な空間である。防御のわりにはたんに土塁でかためただけで本当に重要視していたら土塁の上に塀や櫓を置くはずである。古地図では明ノ地としか書かれておらず戦闘訓練の場ぐらいにしか使用されていなかったのかな。
三の丸は三の門に向かって坂の間に造られていたのでゆるい下り坂もしくは二段か三段にないていたはずである。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。